とある速報 http://toasoku.hateblo.jp/ へ移転しました

オリジナル

2013年04月28日

【速報】とある速報が移転・リニューアル!

超電磁砲の2期放送開始を機に、更新方法やブログの場所を変えて、心機一転‘リニューアル’をいたしました。
記事内容も「とあるシリーズ」を主軸に置いた、独特のまとめブログを目指していきたいと思っています。
というわけで今後とも、「とある速報」を何卒宜しくお願いいたします・・・
と、ミサカは静かに筆を置きます。

新サイトは、「とある速報」@はてなブログにて展開いたします。

ブックマーク等されている方は
 
http://toasoku.hateblo.jp/


へ変更をお願いいたします。


 
renewal
 



gakuentoshi at 20:00|PermalinkComments(38)TrackBack(0)

2012年06月24日

【緊急漫画】もしも、学園都市がファーストサーバを使っていたら。【管理人発狂】

⇒まさかの加筆修正バージョンができました(11月2日-とある速報〔絵〕)





manga01

manga02

manga03

manga04

manga05

manga06

manga07

続きを読む

gakuentoshi at 19:26|PermalinkComments(13)TrackBack(0)

2011年03月12日

【画像まとめ】東北地方太平洋沖地震(国内観測史上最大 M8.8→9)

1 :ヒラリφ ★(関西地方):2011/03/11(金) 20:20:32.28 ID:???
発生日時 3月11日14時46分
マグニチュード 8.8→9(訂正値)

場所および深さ 三陸沖(牡鹿半島の東南東、約130km付近)、深さ約24km(暫定値)

発震機構等 西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型(CMT解)

震度 【最大震度7】宮城県栗原市(クリハラシ)で震度7、宮城県の涌谷町(ワクヤチョウ)、
登米市(トメシ)、大崎市(オオサキシ)、名取市(ナトリシ)など、宮城県、福島県、茨城県、
栃木県の4県28市町村で震度6強を観測したほか、
東北地方を中心に、北海道から九州地方にかけて震度6弱~1を観測しました。

気象庁
http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/11e/201103111830.html 


出典元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/eqplus/1299842432/より



eq1
eq2
 


gakuentoshi at 02:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月20日

ゴルゴ「…襲撃の手段や規模などから見るとターゲットはレベル5の超能力者の『御坂美琴』といったところか。」

g???「具体的な依頼内容を聞こうか……」
 
依頼人「学園都市第7学区の研究所で行われている研究をあるテロリストから守って欲しい。」
 
???「…あるテロリストとは?」
 
依頼人「何者かもわからんが、一切の痕跡を残さずこれまで19ヶ所の関連施設が再起不能な被害を受けた。」
 
???「………」
 
依頼人「恐らくテロリストは、今日にも残存した2つの研究所を襲撃する可能性が…」
 
???「犯人の目星はついているんじゃないのか…?」
 
依頼人「……!」
 
???「強固なセキュリティで守られた研究所で痕跡を残さなかった…つまり襲撃はそういった"能力"によるものということだろう。」
 
依頼人「ふふ…やはり君には隠し事はできないのだな…」
 
???「………」
 
依頼人「その通りだ。これまでの襲撃は最後の3施設を除いてすべてネットワークを通じた破壊工作。つまり電気使い(エレクトロマスター)によるものだ。」
 
???「…襲撃の手段や規模などから見るとターゲットはレベル5の超能力者の『御坂美琴』といったところか。」
 
依頼人「そ、そこまで把握されているとは…!」
 
???「…これまでに襲撃された施設はすべて遺伝子や生態研究に関する施設…つまり……」
 
依頼人「そうだ…君ならもうわかると思うが、それらはすべて彼女のクローンを用いた実験のための研究施設群、つまり彼女は自分の生態クローンの使用を止めるために我々を襲撃している。」
 
???「………」
 
依頼人「だが我々は、もはや研究の歩みを止めることはできん!レベル6…絶対能力者を必ず生み出さねばならぬ!どうか力を貸して欲しい!!」
 
???「わかった。引き受けよう。」
 
依頼人「おおっ!やってくれるか、ゴル…いやMr.デューク東郷!」

sbank
 
(つづく…?)


gakuentoshi at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)